原発ゼロ」の日本へ


東日本大震災 救援・復興に全力を!


いつの間に4から3に・稼働原発


今日の「しんぶん赤旗」


一昨日だったか、母、日刊紙見ながら「4つ動きよっちゃね」と
私、心の中で「えっ4!この前まで5やったとい」と
先ほど「ニュース深読み」で、稼働中の原発は3基、と
えっ~いつの間に4から3に~~

風邪薬も飲んだし、新聞でも、とひろげれば、日刊紙一面左下に「島根原発定期検査で運転停止」の記事

世の中どんどん変わりようね~
確か54基あったよね原発。
このままだったら4月は3基動いているのも止まる
電力は今でも間に合ってるき、当然54分の3が無くても足りるばい
あんまりあてにならんばって、政府のお偉いさんのお墨付きもあるしね

「この際自然エネルギーに切り替えましょう」ってゆったら民主党の支持率も上がるかもしれんといね~
ま、そげんことは言わんか
めんどくさいとわかっていても、消費税率あげます、そのかわり、低所得者には1万円あげましょう、な~んてするっちきね
最初から食料品やらは非課税にしたら、めんどくさくなくていいといね~

原発も、素直に「この際、無くしましょう」なんて言えばいいけど、言わんやろね~
みんなで言わせないかんね
関連記事

久しぶりにきた写メ(^o^)かわいいね~



老眼鏡かけて、寝たまま、じ~っと見る
顔が違ってる~
かわいくなってる~
やっぱあちっこい子はかわいいばい
関連記事

眠くて眠くて一日ほとんど寝てました

駅伝も相撲もつけっぱなしで寅ちゃんでかける。
どこが勝った?と訊かれても、テープ切った瞬間は目が開いていたように思う
が、どこが1位になったかなど、記憶に無い 
ああ、もう夕ご飯の準備をしなければ、と思いながら、うとうとと。
で、4時半になってから始めた。
叔母から貰った小さなカボチャ、名も知らぬ中国野菜、誰から貰ったかは
不明の人参。冷蔵庫の椎茸。
煮物と野菜炒め作り実家へ。
そこで雑用を済ませ、なくなっていたみかんを買って持って行き、事務所に。
メールの点検ぐらいしとかなくちゃ、と。
終わったき、ボチボチ帰ろうかね。
風邪薬は今朝で終わり。昨日よりは調子はいいみたいだけれど眠いだけ。
世の中、いろいろくることばかりで、眠れんはずなのにね~
関連記事

定数削減で昔の日記を再公開2010年9月6日

2010年9月6日の日記です。

日刊紙見たとき、これも言わないかん、と
コピーしとこ。
大久保さんとの打ち合わせの時、コーヒーのでがらしを。
コーヒーが原因か、それとも菅さんの発言が原因か、
もしかしたら、昨日足があまりにも痛いので立っておれず
夕方7時から横になり、朝7時まで横になっていたせいか
眠れ~ん

比例定数80削減
 小選挙区制の害悪いっそう 

菅直人首相(民主党代表)が執念を燃やす衆院比例定数の80削減。同党代表選でも菅首相は「衆議院で80議席、参議院で40議席の国会議員の定数削減について年内に党の方針を取りまとめる」と政見に明記しました。民主党としても2003年総選挙以来、マニフェストに「比例定数80削減」を掲げ続けています。しかし、比例部分の削減論議は、現在の選挙制度の導入の経過に照らしても、選挙制度のあるべき基準に照らしてもまったくなり立たないものです。


大政党本位に民意歪める 

小選挙区比例代表並立制が導入されてから、これまで5回の総選挙(1996年、2000年、03年、05年、09年)が行われました。浮き彫りになったのは、大政党本位に民意を大きくゆがめ、少数政党を排除する小選挙区制の害悪です。

 グラフ(1)は、直近2回の総選挙で民主、自民両党が小選挙区で得た得票率と議席占有率(小選挙区全300議席に対する割合)です。

 05年総選挙で自民党が得た296議席のうち219議席は小選挙区のもの。小選挙区での同党の得票率は47・8%でしたが、議席占有率は73%にもはねあがりました。

 政権交代がおきた09年総選挙でも“4割台の得票で7割議席”となりました。大勝した民主党は小選挙区の得票率は47・4%で過半数に達しませんでしたが、議席占有率は73・7%(221議席)となったのです。

 こうした得票率と議席占有率のズレが生まれるのは、小選挙区制が民意をゆがめる制度だからです。各選挙区で最大得票数の候補者1人しか当選できないため、それ以外の候補者の得票は議席に結びつかない「死に票」となります。「死に票」は、05年衆院選で3300万票(小選挙区投票総数の48・5%)、09年総選挙では3270万票(同46・3%)にのぼります。

 一方、比例代表は180の定数を全国11のブロックに分けているため、大政党に有利ながらも、小選挙区に比べれば格段に民意を反映したものとなっています。

 仮に衆院の総定数(480)を各党の比例票で配分すると、グラフ(2)のようになり、民意をふまえて少数政党の議席も確保されます。

4割の得票で7割の議席    480を比例で配分すると




関連記事

農業一つとっても、アメリカの支配を強く感じる・綱領教室

あらためて聴くと、アメリカの戦略を強く感じる。
知ってはいたけれど、エネルギー・食糧・金融、アメリカの支配下に。
確か、私が若い頃の食糧自給率は、70数パーセント。
それが、いまや、40パーセントに。
これで、独立国といえるだろうか。いえるわけがない 
志位さんの「綱領教室」聴いて、書きたいことは山ほどあるけれど、
とりあえず、資料の、ごく一部、「農業」のところの大統領の演説をちょっぴり。


農業

「食糧を自給できない国は、国際的な圧力と危険にさらされている国」

「食糧を自給できない国を想像できるか。
そんな国は、国際的な圧力と危険にさらされている国だ。
食糧自給は国家安全保障の問題であり、アメリカ国民の健康を守るために
輸入食品に頼らなくてよいのは、何とありがたいことか」
(米農業クラブ連盟での ブッシュ前大統領の演説 、2001年7月 )
関連記事

「選ぶ議員は念入りに」う~ん福津にも当てはまるね~

大きな声ではいえませんが、5日からやっと、読み始めました日刊紙 
とりあえず、4日の分から。この4日で、へ~知らんやった~というのを。
「潮流」で短いきでコピーしとこ 


ことしも、テレビで大学の箱根駅伝をみました。
山あり谷あり、追いつ追われつ抜きつ抜かれつ。
駅伝は、人の人生や旅とも重なる正月遊び、すごろくを思い起こさせます

▼4年続けて箱根の山登りで独走した東洋大・柏原竜二選手の言葉に、
つい目がうるんでしまいました。
震災と原発事故にあった福島県のいわき市出身の彼は、走った後で語りました。
「僕の苦しいのはたった1時間ちょっと。福島の人たちに比べたら全然苦しく
なかったです」
▼駅伝は、日本生まれのスポーツです。最初の競技は、1917年でした。
歌人で読売新聞社会部長だった土岐善麿(ときぜんまろ)が企画した、
「東海道駅伝」です。東海道五十三次を馬で乗り継いだ、昔の「伝馬制」から
考えついた競技といいます
▼ところで、土岐善麿の名をきくと、日本国憲法を思い浮かべる年配の人も
いるでしょう。新憲法の誕生を記念して歌われた、「われらの日本」を作詞した人
が彼です。「平和のひかり 天に満ち 正義のちから 地にわくや」と
▼すごろくと並ぶ家の中での正月遊びの代表、かるたも当時、憲法の普及に
使われています。詩人 のサトウ・ハチローらが標語を作った「新いろはかるた」
です。絵を、漫画家の横山隆一が描きました
▼「い」は、ずばり「いくさを なくす 新憲法」と力づよい。ほかに、
「力に たよれば 力まけ」は、戦争への反省がこもります。
主権者となった国民にも、よびかけています。
「選ぶ 議員は 念入りに」「ろばたから よ(世)論」


だいたい、今、憲法やらは、深く教えんもんね~
「健康で文化的な」という文言を知っとうかどうかで
また、知っとっても、それを本気でやる覚悟があるかどうかで
議員の議会での行動が、ガラッと変わると思うと 

国保会計が赤字なら、保険税上げよう、とかならんはずよ。
消費税導入時、「社会保障のため」と言いながら、改悪ばっかり。
国は、国保への補助を半分に減らすし、ペナルティは課すし、
県は、補助を無くすし、どこが「社会保障のため」よ 

「社会保障と税の一体化」と言う議員さんもおるし、わけちゃわからん。
み~んな、「しんぶん赤旗」読みよんしゃれんき、消費税はとられたばって
そのあとどうなったかなんて、知りんしゃれんもんね。
それだけならいいばって、マスコミや政府の言いなりよ。
早よ、購読してもらって、変わってもらわな。
ま、福津の場合は、それより前に、議会が一体となって、市民のことを
考えるようにせんとね。
私に、やけくそで、捨て台詞を吐くようじゃダメばい 

この10年とこれからでこんなに  日刊紙から。
となりに孫の書いたのを 

ここ10年とこれからだけで! 小3が新聞読んでる私を。


この続きは、また。息子から電話あり、帰ります。
関連記事

あら「福間市」になっとう(^o^)


娘に来た封書の宛名


孫二人は寅じいちゃんと久しぶりの回転寿司へ
知らずにウインナー湯がいたら、「食べにいくて言いよったろうが」と
孫にご飯の炊き方教え、そのご飯が炊き上がったばかり
まさか外食するとは思わんやった
そこで調理はストップ
一人寂しく壁を見つめながらウインナーを

う、ん、う、あら~「福間市」になっとう(^o^)

福津市って浸透しとらんもんね~
関連記事

フェイスブックで知った田原総一郎さんの講演料

友達が紹介してくれた記事です。ビックリ 
EscapeKaminoseki NPPさんの記事をSonomi Consul さん通じて 




2011年1月24日

田原総一郎の講演料

去年の話になりますが、10月19日に弘前市で行われた「原子燃料サイクル意見交換会」に関して、安藤晴美県議が情報開示請求し、その結果、わかったことです。
企画は、資源エネルギー庁と青森県の共催で、(株)RABサービスに委託されて行われており、委託料は129万6750円。その内訳は、ジャーナリストの田原総一郎氏の講演料が110万円。交通費8万円。司会料3万円。管理手数料(食費含む)2万5千円。
安藤晴美県議は、この会に参加したそうで、安藤晴美のブログに、感想を掲載しています。


以下安藤晴美さんのブログより掲載

***************************

 原子燃料サイクル意見交換会が弘前で開催され出席してきました。

 経済産業省資源エネルギー庁と青森県の共催です。

 最初に原子燃料サイクルについての説明がなされ、その後、ジャーナリストの田原総一朗氏が講演を行いました。

 てっきり今日の表題「原子燃料サイクル」について、ご本人の考え方を述べるのかと思いきや、前半の30分は、原発の必要性と日本の原発の技術がいかに優れているか、また中東やベトナムに輸出できず、韓国に先を越されたのは、日本の商売が下手で、仲間づくりが下手だから・・・・などと。

 その後の30分は、もっぱら最近開かれた国会での予算委員会の話や中国との尖閣諸島をめぐる問題、反日デモにまつわる中国人の反政府感情などの話で、核燃料サイクルの問題を講義してもらうために、税金をたんまりかけて呼んだはずの講師なのにがっかりしました。

 「再処理施設のガラス固化技術が行き詰まっている問題をどう思うか」の質問に「困っているのは原燃であり、あなた、何かそれで困ることあるの」と問題をはぐらかす有様でした。

 最後に、発言した方が安全性の問題を指摘したところ、「あなたのような方が頑張らないと・・」とかいいながら、誠実に答えようともせず、そそくさと部屋を出ていきました。

***************************

写真を見ると「ジャーナリスト 田原総一郎」とあるけど、こんなのジャーナリストでも何でもないでしょ。最低!!
投稿者 PEACE LAND 時刻: 15:58
ラベル: 田原総一郎、講演料、原子燃料サイクル意見交換会、
関連記事

訪問者数

プロフィール

松尾ひとみ

Author:松尾ひとみ
 旧福間町、福津市の議員を3期(11年9ヶ月)務めた日本共産党松尾ひとみです。引退しても言いたいことは、まだまだあります。
 前ブログ(ひとみちゃんにも ちょっと言わせて)に引き続き、よろしくお付き合いください。

ツイッター

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
286位
アクセスランキングを見る>>