原発ゼロ」の日本へ


東日本大震災 救援・復興に全力を!


202030+事件です!

市役所10周年
市役所ロビーにある看板?来年早々合併10周年

今日は、慌ただしいというのか、
時間の配分が悪い、というのか・・・
最初に「あさイチ」の山彦に見はまり、メールで「綸りん」の議事録作成
忘れていたことを思い出させられ、慌てて資料探し。
今度こそ、と思っていたのに、パソコンの前に無い!
仕方なく、そのまま、綸りんの会議へ。

初めて知った202030

安倍さんが、女性を3割に、というのはちらちら聞こえていたけれど
まさか、今日の会議で聞くとは、思わなかった。
男女共同参画のベテランさんが、「202030」を連発。
意味はだいたいわかったが、どこで?いつ?決めたか、というのはネットで。
綸りんでは、一昨年、自治会長さんたちにアンケートを。
男女共同参画を進めようと、今年は、県の事業に応募。
採用されたのはいいけれど、県の思惑としては、202030が。
上から言われたって、いくら私たちが啓発事業をしたって
すぐ202030になるとは思っていない。と、いうのは一致した考え。
綸りんは、ひたすら努力するのみ(*^_^*)

事件

綸りん終わると、新婦人毎年恒例の「高齢者を祝う会」実行委員会。
戸田進一事務所の隣で弁当購入、短時間で2回に分けておなかへ。
実行委員会終わると、また書類探し。
そこへ、叔母から電話。叔母の畑仕事が終わるころ野菜取りの約束。
明るいうちは、車・室内、ありそうなところすべて。
書類以外にも、「やりました」というお金と領収書を。
領収書はでてこなかったけれど、その額をメモした紙は出てきたのでまずは。

今日はいっしょに宗像路

暗くなり整骨院へ。
治療終え、叔母がいる宗像へ。
きれいな月をながめながら、気持ちよく(*^_^*)
「治療終え、月といっしょに宗像路」とかつぶやこうと携帯を。
取ろうとしたらポッケになく、後ろ座席のバッグの中。
そっか、整骨院でバッグの中に入れたままか、とまっすぐ叔母んちへ。
(赤信号時、ポチポチッと時々(-_-;))

事件です!

着いたすぐに携帯を。
開くと、メール・着信あり、が飛び込んでくる。
見る間もなく、新婦人の支部長から電話。「事件知ってる?」と。
最初、今日の算数教室で、事件発生!と(-_-;)
よ~く聞いていると、朝の傷害事件のこと。
それで、お母さんが、こどもたちの算数教室を中止にした、ということ。
で、事件を知ってる?と、私に着信があった、というわけ。
私は、後ろ座席に携帯置いたまま。しかも無音。
叔母宅に着いた直後に2回目の電話、というわけだけど、
その時、支部長は、ネット検索で事件を知っていた、でも、一応報告。

私、綸りんの会議後、市の職員から事件があったこと、犯人はまだ
捕まっていないことを聴いていたのだった。
祝う会の実行委員会時に、みんなに言ってれば、は、あとで思うこと。
捕まるはずないよね~自作自演だったって、さっきテレビから。
こんな事件が多くなるよね今からは、さらに。


やなせたかしさん、かっこよかったなあ。古い日記・20070211を。

2007年2月11日のブログです。

2月10日付「しんぶん赤旗」の「ひと」は、「やなせ たかしさん」
(米寿はベージュに惹かれて全文紹介します)


平和を訴え続け、米寿を迎えたアンパンマンの作者。

  やなせ たかし   

1919年生まれ。日本漫画家協会理事長

やなせ たかし さん

 帽子も背広もベージュ色。小型機関車に乗って登場しました。
 5日、都内で開かれた「やなせたかし先生 人生88周年を祝う会」
 ベージュ色は八十八歳の米寿にかけました。
 「米寿はじじくさい。ベージュエイジならいいだろう。」
 晴れ晴れと語ります。
 自身が作詞した童謡「手のひらを太陽に」(1963年作)などを
 熱唱。
 故郷・高知県の橋本大二郎知事ら、およそ700人がお祝いに集まり
 ました。

 生きるモットーは「詩をかく、絵をかく、恥をかく」

 35歳の時、三越の宣伝部を退職し、フリーのイラストレーターに。
 14年後、「アンパンマン」の原形を描きました。当時は、おとな
 向けの童話で、顔は人間、表記は「あんぱんまん」でした。
 今のアンパンマンの顔になって、子どもたちの間で人気が出たのは
 50代後半になってからです。

 「先生の元気を見習いたい」と言うのは、アンパンマンの声を演じて
 いる戸田恵子さん。
 まんが家の藤子不二雄Aさんは、「詩人です。ギャンブルとか世俗的
 な遊びは しない方」と評します。

 アンパンマンの「正義」は飢えた人を助けること。
 「いまも戦争の中に子どもたちがいるから、正義の味方は、その
 子どもたちを助けなきゃいけないと強く思っています」
 初期のアンパンマンのアニメも上映され、戦禍で飢えた子どもたちに
 アンパンを配る場面がありました。 「休みたいところだが、作品
 作りを命の限りやりたい。前を向いて走る格好で逝きたい」

   文・写真 小川 浩 (漢数字を算用数字に変えたところあり)


 ※ 写真は、携帯で、記事中の写真を撮りましたので、わかりにくいと
  思います。

 

訪問者数

プロフィール

松尾ひとみ

Author:松尾ひとみ
 旧福間町、福津市の議員を3期(11年9ヶ月)務めた日本共産党松尾ひとみです。引退しても言いたいことは、まだまだあります。
 前ブログ(ひとみちゃんにも ちょっと言わせて)に引き続き、よろしくお付き合いください。

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
267位
アクセスランキングを見る>>